Wi-Fiイコール無線LAN

Wi-Fiは互換性を証明する規格であって、何か物を指していう言葉ではなく、無線LANは無線LAN通信ができるということで、やはりものを指している言葉ではありません。しかし、無線通信と互換性を証明する規格ではまったく意味が違うはずです。それなのに、無線LANルーター、つまり無線通信をするためにモデムにつなぐ必要がある機器を、Wi-Fiルーターと呼んだり、アクセスポイントと呼ぶなどややこしくしてしまうので面倒なのです。

Wi-Fiルーターと無線LANルーター、さらにはアクセスポイント、これらはすべて同じものです。またWi-Fiスポット、公衆無線LANエリアなども「同じ」です。インターネットなどをケーブルなしで利用できるエリア、スポットということです。規格名なのにWi-Fiという言葉を、無線LANスポットやエリアに対して利用するから皆さんわからなくなってしまうのです。

公衆無線LAN、Wi-Fiスポット、フリースポット、これらは基本的に同じ意味です。Wi-Fiという言葉を利用するようになったのは、Wi-Fiという言葉が広がり、無線LAN通信イコールWi-Fiといえるような状態になってしまったので、Wi-FiスポットとかWi-Fiルーターと呼ぶようになったのです。しかし、どれも意味が同じと分かれば、混乱することもなくなります。

アクセスポイントの事

無線LANルーターは、無線でインターネット通信ができるように変換する機器です。モデムにつないで設定し、そこから電波を飛ばして一般的に住宅内くらいの距離、短い距離ですが、このくらいの距離なら無線通信ができるようになります。

外出すると最近はカフェ、ホテルやコンビニ、駅などの公共機関でも公衆無線LANが利用できるようになっています。この公衆無線LANやWi-Fiスポットと呼ばれるところにも、無線LANルーターがあり、無線でインターネット通信ができるようにしているのです。

カフェ、ホテル、コンビニで利用できるフリーWi-Fiも、自宅で利用する公衆無線LANも基本的に同じです。無線でインターネット通人ができるようにする機械、これをアクセスポイントといいます。

住宅の中、ホテルや公共機関、施設の中で無線通信ができるように電波を拾うアンテナのようなものがあると考えておけばわかりやすいでしょう。無線LANルーターイコール、アクセスポイント、無線通信を利用するためのアンテナと考えましょう。しかしこのイコールにもう一つ、付け加えることができます。それが、Wi-Fiルーターという言い方です。同じものが違う名称で呼ばれてしまうことに、こうしたネット系の面倒くささがあります。

Wi-Fiとは規格です

無線LANは今、多くのご家庭で利用されています。LANケーブルを利用せず、無線でインターネット通信できる方法です。現代こそ、この方法がいろいろなところで利用されるようになりましたが、実はかなり以前からこの無線LANという方法は利用できたのです。

無線LANルーターというものが登場し、ケーブルを必要とせず無線でインターネットなどの通信ができると聞けば、誰もがその便利な機能を我が家にも、わが企業にもと考えます。しかしいざ無線LANルーターを購入し、パソコンと接続設定してみても、一向につながらない、これはどういうことだ?と何度も取説を見て確認して接続設定しなおす、それでも出来ない、そこで無線LANルーターのカスタマサポートに連絡してみると、その子機と互換性がないというのです。

同じメーカーで、同じシリーズの無線LANルーターなのに互換性がない?普通なら考えられない事ですが、当時、このようなことが各メーカーで起こりました。そこで多くの方は、そんな互換性があるとかなんとか面倒なことならやめた!とケーブル生活に戻ってしまいました。

そこで無線LANの普及に努めるアメリカの団体がこれは困ったと考え、互換性がある機会を証明しようとWi-Fiという規格を作ったのです。この無線LANルーターはどの子機、つまりタブレットやスマホ、パソコンとも互換性の心配なく利用できますよということを、Wi-Fiという言葉で認定したのです。この事によって互換性のない機器を購入することもなくなり、また各メーカーはWi-Fiという認定をもらえるように機器を作るようになったのです。

Wi-Fiと無線LANは何が違う

家電量販店に行くと、Wi-Fiルーターが安いですとか、無線LANルーターはこちらといった案内があります。こういう一つの物に対して、色々な言葉が利用されるので、インターネットとかパソコンなどに弱い人からすると、非常に迷ってしまうし混乱してしまうのです。

無線LAN、Wi-Fi、いずれも現代非常によく聞く言葉となっています。しかしこの差を説明してといわれるとなかなか説明できないという人も多いのです。外出先でも駅やホテル、コンビニや図書館などでも、無料Wi-Fiスポットと書かれている事がありますし、高速道路のサービスエリアに行くと、公衆無線LANとかWi-Fiフリーなど書かれています。こうした表記をみると、ますますこうしたことに鈍い人はなんだろう?と疑問を持ちます。しかしすでに多くの場所で利用されているこの言葉を人にどういう意味?と聞くこともためらわれてしまうのです。

とても簡単なことなのですが、こういう横文字にアレルギーを持っている人も多く、Wi-Fiとかモバイルとかこういう言葉を聞くだけで、こういうことに疎いからわからないと理解するのをやめてしまったりします。でも実際はとても簡単なことで、非常にシンプルなことなのです。知ってしまうと、もっと早く聞いてみればよかったと思うこと間違いありません。

Wi-Fiと無線LANの違いをいまさら人に聞けないという人は、ぜひこのサイトを読んで、Wi-Fiと無線LANの違いを知ってください。とても簡単でシンプルなことなので、理解できないことはありません。当サイトが皆様の疑問を解消するサイトになれば、幸いです。