Wi-Fiとは規格です

無線LANは今、多くのご家庭で利用されています。LANケーブルを利用せず、無線でインターネット通信できる方法です。現代こそ、この方法がいろいろなところで利用されるようになりましたが、実はかなり以前からこの無線LANという方法は利用できたのです。

無線LANルーターというものが登場し、ケーブルを必要とせず無線でインターネットなどの通信ができると聞けば、誰もがその便利な機能を我が家にも、わが企業にもと考えます。しかしいざ無線LANルーターを購入し、パソコンと接続設定してみても、一向につながらない、これはどういうことだ?と何度も取説を見て確認して接続設定しなおす、それでも出来ない、そこで無線LANルーターのカスタマサポートに連絡してみると、その子機と互換性がないというのです。

同じメーカーで、同じシリーズの無線LANルーターなのに互換性がない?普通なら考えられない事ですが、当時、このようなことが各メーカーで起こりました。そこで多くの方は、そんな互換性があるとかなんとか面倒なことならやめた!とケーブル生活に戻ってしまいました。

そこで無線LANの普及に努めるアメリカの団体がこれは困ったと考え、互換性がある機会を証明しようとWi-Fiという規格を作ったのです。この無線LANルーターはどの子機、つまりタブレットやスマホ、パソコンとも互換性の心配なく利用できますよということを、Wi-Fiという言葉で認定したのです。この事によって互換性のない機器を購入することもなくなり、また各メーカーはWi-Fiという認定をもらえるように機器を作るようになったのです。