Wi-Fiイコール無線LAN

Wi-Fiは互換性を証明する規格であって、何か物を指していう言葉ではなく、無線LANは無線LAN通信ができるということで、やはりものを指している言葉ではありません。しかし、無線通信と互換性を証明する規格ではまったく意味が違うはずです。それなのに、無線LANルーター、つまり無線通信をするためにモデムにつなぐ必要がある機器を、Wi-Fiルーターと呼んだり、アクセスポイントと呼ぶなどややこしくしてしまうので面倒なのです。

Wi-Fiルーターと無線LANルーター、さらにはアクセスポイント、これらはすべて同じものです。またWi-Fiスポット、公衆無線LANエリアなども「同じ」です。インターネットなどをケーブルなしで利用できるエリア、スポットということです。規格名なのにWi-Fiという言葉を、無線LANスポットやエリアに対して利用するから皆さんわからなくなってしまうのです。

公衆無線LAN、Wi-Fiスポット、フリースポット、これらは基本的に同じ意味です。Wi-Fiという言葉を利用するようになったのは、Wi-Fiという言葉が広がり、無線LAN通信イコールWi-Fiといえるような状態になってしまったので、Wi-FiスポットとかWi-Fiルーターと呼ぶようになったのです。しかし、どれも意味が同じと分かれば、混乱することもなくなります。